AIDMAの法則

AIDMA(アイドマ)の法則

こんにちは、Toiです

今回も自分が見聞きした、人生・仕事等々に役立つ言葉(名言・格言)を紹介&意見していきますね

 

『AIDMAの法則』

ビジネス関連では有名な法則なので、知っている方も多いかと思います

広告宣伝に対して消費者がどのような心理を抱くかの行動モデル(過程)を示した略語です

自分が他の法則とごっちゃになることがあるので(笑)、改めて清書することで知らない方にもご紹介します

 

消費者がある商品を知って購入に至るまでに次の段階を通るとされています(なので、ここを意識してマーケティングや販売戦略を立てると良い と紹介されたりします)

  • 1. Attention (注意) ─「認知段階」
  • 2. Interest (興味) ─┐
  • 3. Desire  (欲求) ─ 「感情段階」
  • 4. Memory (記憶) ─┘
  • ※もしくは Motive(動機)
  • 5. Action  (行動)─「行動段階」

順を追って解説しますね

1. Attention(注意)─「認知段階」

文字通り、お客様がその商品・サービスを『知る』段階です

まだその商品を知らないお客様の注意・関心を引くためにCMなど各種媒体の広告、口コミなどを使って知ってもらう

 

2. Interest(興味) 3. Desire(欲求)4. Memory(記憶) ─「感情段階」

知ってもらった後は、興味を持ってもらい、欲しい(かも)という欲求に繋げ、その思いが高まるほどお客様に記憶されます

更には「欲しいけど…どうしようか」と迷った後にその商品について調べたり評判を聞いたりして自分が買う事への動機につながります

 

5. Action(行動) ─「行動段階」

実際に購入してもらうために、お店に行き直接商品を手に取ってもらったり、サービスを受けてもらったり、あるいはネットや通販で注文をして頂いたりと言った行動をとってもらいます

 

類似の法則にネットを介した場合の AISAS があります

※2つのSは『Search(検索)』と『Shere(共有)』です

 

…と、法則を書くだけなら簡単ですが、実際に商品を買ってもらうのは容易ではありませんね 苦笑

ただ、こういった法則(顧客心理)を知ることで対策・戦略をとることができるので、現在セールスに携わっている方は頭の片隅にでも入れておくと、きっと役立ちますよ

 

ビジネスに関する知識や法則にご興味ある方はこちらのサイトもオススメします。

クリックで飛びます