ボードゲーム:「艦これ」ではなく『漢コレ』とは

「艦これ」じゃなくて『漢コレ!』って???

艦隊これくしょん -艦これ-』はアニメ化や漫画家、同人化もされている有名なブラウザゲーム(育成シュミレーション)ですが、『漢コレ』は全く別ジャンルのボードゲームです。

 

なんと公式動画があったのでそちらをご紹介します。(音量注意)

 

「漢コレ!」とは

漢字の「部首」と「旁(つくり)」を組み合わせて全く新しい『新感覚漢字(公式より)』を作って「ウケたら勝ち」という、だれうま誰がうまいことを言えと言った)ゲームです。

76453263

 

「漢コレ!」:必要な物

参加者:5名程度まで

専用カード

 

「漢コレ!」:ルール

  • 旁(つくり)カードをよくきって参加者に5枚ずつ配ります。
  • 部首カードはよくきって山を置いておきます
  • 部首カードを参加人数分めくって並べます(例,4人参加なら4枚)
  • 早いもの勝ちで部首カードを1枚取り、手持ちの旁カードと組み合わせオリジナル漢字を披露します。

公式例

部首:「馬へん」+ 旁「飛」で『ペガサス』!

  • 全員が発表して、一番「面白かった」、「上手い事を言った」(自分以外の)人に「せーのっコレ!」と投票し、「旁カード」を渡します=ポイントになります。
  • 使った分の旁カードを新たに補充して部首カードのや山がなくなるまで勝負
  • ポイントが一番多かった人が勝利

 

『漢コレ!』を楽しむためのポイント

参加者の傾向に気を配る

実際にやった感想としては、

「笑いのツボが浅いメンバー」の時は「いかにボケるか」が勝利の鍵となります。

 

一方、

「真面目なメンバー」とやった時はそれが伝わらず(笑いにならなかった)、「上手い事を言った人」に表が入る事が多かったです。

 

 

恥ずかしがらない・考え過ぎずにすぐ出す

間を開けるほど発表しづらくなります。

サッと出すのがコツです。

 

例えば文字にすると全く面白くないですが、僕は

「さんずい」に「宝」で『ワンピース』!

「金へん」に「昔」で『木曜日』!

と言ったら得点が入りました。その場のノリって大事です 笑

 

「漢コレ!」カードはamazonには今のところ(2016/04/04)見当たらず、艦こればかりヒットしますね。

公式や楽天、ボードゲームを取り扱うお店(札幌ならイエローサブマリンなど)にある様です。

約3,000円と少々高めですが、自宅で仲間内と遊ぶのにちょうど良いゲームの1つだと思います。