【Live】NOCTURNAL BLOODLUST ライブ コロニー 札幌

※セトリを最後に書いているので知りたくない人注意

見出し

  • NOCTURNAL BLOODLUST 全国ONE MAN TOUR “DEIMOS”
  • NOCTURNAL BLOODLUSTってどんなバンド?
  • DEIMOSのタイトル通り激しいライブ
  • ノクブラのライブはサークルピット・モッシュピットが何回もある
  • ノクブラのライブにはコロニーでは足りない(広さ的な意味で)
  • 以下、自分のこと:チケットの話・当日の話
  • チケットキャンプについて
  • 午前中フットサル大会→夕方からライブというハードスケジュール
  • NOCTURNAL BLOODLUST 10/16(日)コロニー セトリ

NOCTURNAL BLOODLUST 全国ONE MAN TOUR “DEIMOS”

NOCTURNAL BLOODLUST(ノクターナルブラッドラスト、通称ノクブラ・NCBL)の全国ワンマンツアーが開催され、札幌では10/15(土)・16(日)の2daysでライブが行われた。

今回いろいろと予定があった中、なんとか16(日)の方に参戦できたよ。

NOCTURNAL BLOODLUSTってどんなバンド?

ノクブラを知らない方はまずNOCTURNAL BLOODLUST OFFICIAL WEB SITEとか、YouTubeのNCBLOFFICIALを見てね。

聴いてわかる通り、超攻撃的なメタルを中心とした音楽のバンド。

そして見てわかる通り、いわゆるV系と呼ばれる事が多い。

元々はメイクなしのメタルバンドだったんだけど、活動を経て今のスタイルになった。

これに関して本人たちは、インタビューなどで「曲の表現する世界観をよりわかりやすくするのにメイクや衣装も使っている」という趣旨の発言をしていて、特にV系と呼ばれる事に否定はしていない。と言うかそもそもそんなにこだわってないんじゃないかな。やりたい音楽をただ追及するだけという印象を受けるね。

見た目で判断してはいけない。LIVEは楽曲以上に攻撃的

よく男性がメイクをしていると(特にご年配の男性の方から)「オカマ」「よわっちい」「なよなよしてる」と思われがちだけど、彼らはそこらの男どもよりアツい!

(加えてボーカルは筋トレが趣味だから腕とか筋肉ヤバいしね 笑 同じ男として憧れる体つきだわ)

DEIMOSのタイトル通り激しいライブ

DEIMOS(ダイモス・デーモス)とはギリシャ神話に出てくる「恐怖」「恐慌(パニック状態)」の神様。

その名に恥じないパニック状態を作り出していたライブだった。

ヘドバンや拳は当然として、モッシュも今までには体験した事が無いくらい激しかった。

ノクブラのライブはサークルピット・モッシュピットが何回もある

サークルピットについて

サークルピットとは複数の観客が円を描きながらグルグル回ること。基本は左周り。

今回のライブでも何度もこのサークルピットが生まれた。1回混ざったけど怪我しそうで焦った 笑

転んでいた女性が何人もいたけど怪我しなかったかな?

モッシュピットについて

モッシュピットとは観客がランダムにお互いぶつかりあうこと。

モッシュは大勢が一定の方向に動くので流れにさえ乗っていればあまり人と激しくぶつかったりはしないが、モッシュピットはぶつかることが前提。

何回も、観客を真ん中で二分して、そこから曲に合わせてモッシュピット開始。

※参加したくない人は壁際に避難しましょう。俺はした 笑

ノクブラのライブにはコロニーでは足りない(広さ的な意味で)

札幌のライブハウス:コロニー

写真引用元:吉田トオルの「旧ちょっとだけいいじゃん日記」

コロニーはキャパ200名の比較的小さ目なライブハウス。ここが満杯になっていた(札幌でもこれだけ集まるんだなと驚いたよ)。

そんな中でモッシュが何度も繰り返されるんだから暑さ(熱さ)もお分かりいただけるのではないか。

ボーカル:尋(ひろ)も「暑い!札幌って空調無いんか?」って言ってたしドラム:Natsuは「アンコール出てくるの遅かったでしょ?ずっとぐったりしてた。」「今日は俺の負けだ」としんどさを吐露してた(負けを認めるバンドマンを初めて見た 笑。その後アンコの時に「やっぱ負けたくない!」って言ってたけどね)。

それでも画像の鉄パイプ部分で尋が懸垂したり、Cazquiも得意の回転を何度もし(よくギターをぶつけないなと感心した)、所狭しと暴れに暴れてノせてくれた。

より広い箱での彼らが見たいね。

以下、自分のこと:チケットの話・当日の話

最初にも書いたけど予定が色々あって参加できるか直前までわからない状況だった。

そんな中、知人が「チケキャン(チケットキャンプ)」にまだチケットあるよと教えてくれたので、さっかくだから利用してみる事にした。

チケットキャンプについて

チケットキャンプ(ticketcamp.net)はジャニーズや宝塚など人気、売り切れの公演チケットを売買できるサービスです。(公式より引用)

実はミクシィが運営しているチケットのフリーマーケット・オークションサービスのサイト。

最近では転売が問題視されているけど、営利目的のものではなく純粋に都合で行けなくなった人が出しているものを購入。対応も早かったし、ちゃんとチケットも手に入れられた。

チケットキャンプは、

偽造チケット補償制度:万一購入した紙のチケットが偽物だった場合はチケキャンが金額を補償してくれる

運営一時預かり:チケット購入者がチケットを受け取った(受け取り確認というボタンを押した)ら出品者に代金が払われる仕組み。購入者は先に代金を運営に支払うので売り手・買い手とも持ち逃げできない様になっている

等の仕組みがあるので初めて利用したけど問題なかった。出品者の方、チケット(とメッセージ)ありがとうございました!

午前中フットサル大会→夕方からライブというハードスケジュール

当日は早朝からフットサルの大会が5試合あり、合間に審判もこなすなど肉体的にしんどい日で、十字膝靭帯が痛んだ時はちょっと焦った。

ライブ前に試合の全日程が終わる事がわかったからライブ参戦したんだけど、アラサーがこんな日程を組んだら厳しいね 苦笑

他にもフットサルのユニフォームを着て、着替えは積み込んだためズボンのベルトを忘れるという、地味且つ意外と困る事件も発生したけど終わってみれば全て楽しい思い出だったよ。

NOCTURNAL BLOODLUST 10/16(日)コロニー セトリ

以下、セットリスト(間違えている部分があるかもしれません。予めご了承ください。)

  • Defect in Perfection
  • EXCEED
  • DEAD END
  • T.Y.R.A.N.T
  • Dysphoric Torment
  • Malice against
  • Strike in fact
  • I-V-III
  • FATE
  • Reverence
  • Empty Glass
  • PROVIDENCE
  • Domestic Crisis
  • Jusou

Encore

  • V.I.P
  • VENOM
  • Trigger

Encore 2:

  • A Bullet of Skyline

 

参戦された方々&メンバー・スタッフのみなさんお疲れ様でした!

そしてコロニー15周年おめでとう!

 

前:【Live】Stylisy Summer Fest 行ってきた 2
次:
他の関連記事☞:【 カテゴリー:プライベート 一覧】