故・水木しげる先生が残した幸福の7ヶ条 其の4

こんにちは、Toiです

 

今回も自分が見聞きした、人生・仕事等々に役立つ言葉(名言・格言)を紹介&意見していきますね

 

 

 

第四条

 

好きの力を信じる

 

 

 

 

…これについてはどう書こうか凄く悩みました

 

と言うのも、自分は『好きな事を仕事にした』はずなのに、今とてもしんどく思っているからです

 

 

ただ、その理由は明確です

 

 

 

『他人にその好きを加工されたから』

 

 

 

個人事業ではない以上、会社や上司が方針を決め社員(である自分)はそれに従わなければなりません

 

 

その結果、好きだったそれは年月と共にどんどん形を変え、自分にとってある種つまらないものになってしまいました

(抽象的でスミマセン)

 

 

 

『今でしょ!』でお馴染み 林修さんはこんな事を仰っています

 

 好きなことは趣味でやればいい。

 仕事っていうのはお金をもらってやる

 ことだから、それはお金を払う人に

 対して責任を取らなきゃいけない。

 

 こっちが好きか嫌いなんかどうでもいい。

 

 向こうがお金を払ったことに対して

 責任をとれるか。

 

 そういうことがちゃんとできてるって

 プライドが持てるか。

 

 そこだけでいいと僕は思う。 

 

 

 

 

 

真っ当な意見だと思います

 

 

趣味で留めとけば良かったのかな

 

なんて10年以上やって今更感 笑

 

 

 

一方で、こんな意見もありますね

 

『好きだから続く訳じゃない 逆に続けると好きになる』

 

 

また、オリンピック金メダリストの荻原健司さんは

『人間は自分が好きなことしかがんばれない 』

と講演で伝えているそうです

 

 

 

なるほど、『好き』にも色々な関わり方がありますね

 

 

 

 

様々な方の意見を例に出しましたが、じゃあ『好きの力を信じる』って結局どういうことさ

 

と問われれば、

 

一つは『習慣化』が鍵の様です

 

 

好きでやってる=習慣化されている=周りからは大変な事をしている、努力していると思われるが当人はそれを努力とも苦痛とも考えていない

 

 

 

つまり、自分が関わる対象に『夢中』かどうか

 

 

 

 

私も夢中になれるものを探して好きの値からを信じたいと思います

 

 

 

今は五里霧中ですけどね